検索

オードリー「美の秘訣」

過去の日記を振り返っていて2007年の初めにこのページが出てきました。

オードリー・ヘップバーンを通して有名になった「美しさの秘訣」の一節。


この詩はアメリカ人作家

Sam Leveson(サム・レヴェンソン)によって書かれたものでオードリーが大変気に入って子供達に読み聞かせていたそうです。


魅力的な唇のためには

優しい言葉を紡ぐこと


愛らしい瞳のためには

人々の素晴らしさを見つけること


スリムな体のためには

飢えた人々と食べ物を分かち合うこと


豊かな髪のためには

一日に一度、子供の指で梳いてもらうこと


美しい身のこなしのためには

決して一人で歩むことがないと知ること


人は物よりはるかに多く回復し、復活し、生きかえり、再生し、報われることが必要なのです


繰り返し、繰り返し、報われることが


年をとると、人は自分にふたつの手があることに気がつきます


ひとつの手は、自分自身を助けるために


もうひとつの手は他者を助けるために


私はアメリカでの5年間の生活の後、ビザの問題に直面し2007年に一旦日本へ帰国、劇団四季に入団しました。精神的にも体力的にも厳しい時期もありましたが、様々な角度から舞台に関わる機会を与えていただき、育て頂いたことに感謝しています。


日本とアメリカでは「美しさ」の基準は大変異なります。


しかしこの詩で述べられている「美しさ」は表面的な要素を超え、「真の」そして「芯の」美しさであり、全世界で共通するのではないでしょうか。


この詩を愛し、多くの人々に影響を与えたオードリーに感謝しています。


Paging through my old journal, I found this: “Audrey Hepburn Beauty Tips”.

It's actually written by Sam Levenson but deeply loved by Audrey.


After having lived in the US for five years, 2007 was the year I moved back to join Shiki Theatre Company in Japan. I had some challenging times there, but it definitely strengthened me and I am forever grateful.


The definition of beauty can be so different in Japan and America, but these, I think we have in common.


Thank you, Audrey for reminding us of what essential beauty is.


#essentialbeauty #audreyhepburn #reminder #beautytips

#オードリーヘップバーン #リマインダー #美しさの秘訣 #サムレヴィンソン #美

91回の閲覧
  • YouTube
  • Facebook
  • Instagram

© 2020 by YU-project